72時間以内に服用する

pink pill

避妊に失敗してしまった時、どうしよう…!と焦ってパニックになるのではなく、一度冷静になることが必要です。
しっかりと頭で解決策を考えれば必ず良い答えが浮かんでくるはずなので、まずは落ち着いて深呼吸をして下さい。
そしてこのアフターピルという薬の存在を思いだせば、きっとすぐに安心できるはずですよ。
アフターピルは、妊娠を希望しない方が避妊に失敗してしまった「もしも」の時に服用する薬です。
毎日服用する低用量ピルと違って、緊急時にのみ使用するため緊急避妊薬と呼ばれています。
アフターピルを服用するのは、性行為後から72時間以内にといわれています。
72時間、つまり3日以内というのは、卵子のところへ精子が到着して受精、着床を防ぐギリギリのタイミングです。
この時間内に服用することができれば、80%以上の確率で避妊することができます。
もっと避妊効果を上げたい場合には、24時間以内に服用できればほぼ100%といわれているので、
服用する時間は早ければ早いほど効果があるということですね。
ところで、アフターピルを服用すると女性の身体の中でどんなことが起こるかは意外に知らない方も多いと思います。
アフターピルを服用すると、先ほどもお話したように卵子と精子が受精、着床するのを防いでくれるのですが、
その時に子宮内膜を強制的に剥がしてくれるため、妊娠を回避することができるのです。
女性なら必ず月に1度訪れる生理のような現象が起こるので、服用してから3日~3週間程度で出血が確認できます。
この消退出血というものが確認できれば避妊に成功したことになるので、とりあえずは安心できますよ。
日本でも、通販で購入できるアイピルというアフターピルが人気があるので、「もしも」が起こってしまった時のためにも、
事前に購入しておくことが大切だと思います。